ムダ毛の自己処理は危険?シェービングや毛抜きをを続けるとどうなるの?

脱毛

ムダ毛の処理はどうやって処理していますか?

 

脱毛に通っている以外の方は、シェービングや毛抜き、ワックス脱毛などで処理していると思いますが、自己処理はお肌にとっても危険なのを知っていますか?

 

自己処理を続ける事でお肌がどうなってしまうのか詳しくまとめてみましたので、これを機に脱毛にチャレンジしてみて下さいね(^^)/

 

自己処理の危険性について

ムダ毛の自己処理はとっても危険なので今すぐにやめて欲しい所です。シェービング、毛抜き、ワックス脱毛など様々な種類がありますが、何がどう危険なのかをお伝えします。

 

◆シェービング
⇒カミソリでのシェービングは、ムダ毛と一緒にお肌の角質も削り取ってしまっています。特にお風呂などでシェービングしている場合、水分で確執がふやけている所をカミソリで削ってしまうので負担がかなり大きくなってしまいます。
また、水分や湿気が多い場所でのシェービングは、カミソリに雑菌が繁殖してしまっている可能性があるので、肌荒れや乾燥肌、湿疹や毛穴の開き・黒ずみなどの原因になってしまいます。

 

◆毛抜き
脇や眉毛などを毛抜きで処理している方も多いと思いますが、力を込めて無理にムダ毛を抜く事で毛穴にかなりの負担がかかってしまっています。
毛穴の中が傷つき炎症を起こし、赤いぷつぷつのが出来てしまう可能性も高いです。また、赤いぷつぷつの炎症が進んでしまうと中で膿が出てきてしまい、白ニキビのような状態になってしまいます。
化膿した状態で放っておくと色素沈着などの原因になってしまいますし、眉毛を毛抜きで抜き続ける事によってまぶたのたるみを引き起こす原因にもなりますので注意が必要です。

 

◆ワックス脱毛・ブラジリアンワックス
粘着性のある液体を肌に塗り、シートをかぶせて一気にムダ毛を抜き取る方法です。毛抜きで抜くよりも広範囲を一気に処理出来るので一見負担が軽そうに見えますが、粘着性のある液体で一気に剥がす事で一緒に角質も剥がされてしまっています。
シェービングで角質を削るよりも深く剥がされてしまうので、乾燥肌や肌荒れの原因になってしまう為、ワックス脱毛なども危険な自己処理の一つです。

 

脱毛中の自己処理はどうすれば良いの?

脱毛は何度か通って効果を実感出来るものですから、その間は自己処理などが引き続き必要になります。

 

また、脱毛予約の前にはムダ毛を自己処理しておかなくてはならないので、なるべく負担の少ない「電気シェーバー」での処理を行いましょう!

 

電気シェーバーなら、カミソリや脱毛ワックスなどと違って角質を削り取らないので、脱毛サロンでも自己処理に電気シェーバーを進めています。